バリアフリーで注文住宅を建てる際の費用相場は?安く抑える方法とは

公開日:2023/12/15

!

高齢者の増加と、身体的な制約を持つ人々への配慮が重要視されており、バリアフリー住宅はその需要に応える重要な選択肢となっています。この記事では、バリアフリー住宅について、その魅力、費用相場、およびコストを抑える方法について詳しく説明します。安心で快適な住環境を実現するための情報が満載です。

バリアフリーの注文住宅の魅力とは?

バリアフリー住宅は、多くの点で魅力的な選択肢です。その魅力を以下で詳しく見ていきましょう。

車椅子での移動がスムーズ

バリアフリー住宅では、車椅子での移動がスムーズにできるように広いスペース、段差をなくすといった工夫がされています。

これは、車椅子を使用して生活をする本人だけでなく、介護者にとっても大きな負担軽減となります。家族ができるだけ長く住めるように、介護の負担を減らすという視点も見逃せません。

高齢者の転倒事故の予防ができる

高齢になるほど筋力が衰え、転倒事故が発生しやすくなります。

健常者にとっては気にならない数ミリの段差や濡れた床などでも、高齢者にとっては転倒事故を起こす可能性があります。

バリアフリー化された住宅では、庭、浴室、階段、廊下、トイレ、台所、ベッドなどの場所が安全になり、転倒事故の可能性を大幅に減らすことができます。また、高齢者だけでなく、小さなお子様の転倒予防にもなります。

バリアフリーの注文住宅を建てる際の費用相場

バリアフリー住宅を建てるには、一定の費用がかかります。その費用相場について詳しく見ていきましょう。

バリアフリー住宅の建設費用

バリアフリー住宅の建設費用は、その設計や仕様によって大きく異なります。

一般的な目安として、ローコストなバリアフリー住宅は約1,000万円前後から始まり、ハイコストなものは約3,500万円前後になります。これは、基本的な建設費用を含むもので、具体的なプランや仕様によって変動します。

リフォームにかかる費用

既存の住宅をバリアフリーに改修する場合、費用はどの程度かかるのでしょうか。

一般的に、リフォームにかかる費用は、平均で400万円から500万円ほどです。ただし、大規模な変更が必要な場合、約1,000万円ほどかかることもあります。リフォームの費用は、バリアフリー化の範囲や設備の更新によって変動します。

バリアフリーの平屋3LDK30坪建てた際のシミュレーション

バリアフリー住宅を建てる際の費用を具体的に考えてみましょう。以下は、平屋3LDK30坪のバリアフリー住宅を建設した際のシミュレーションです。

基本工事費: 1,800万円

付帯工事費(玄関部分の勾配、階段、浴槽のバリアフリー化、手すり、スロープなど): 400万円

外構費: 200万円

設計料経費: 350万円

消費税: 275万円

このシミュレーションによれば、バリアフリー住宅の建設には約3,025万円の費用がかかることになります。

ただし、プランや仕様によって変動があるため、詳細な見積もりを取ることが重要です。

バリアフリーの注文住宅を安く抑えるための方法

バリアフリー住宅を建てる際、費用を抑える方法も存在します。以下は、費用を節約するための方法について詳しく説明します。

補助金や税制優遇を活用する

バリアフリー住宅の建設やリフォームに関連する補助金や税制優遇を活用することで、費用を抑えることができます。

例えば、介護保険を活用した補助金や住宅特定改修特別税額控除などがあります。ただし、補助金や優遇制度の適用条件や自治体による差異があるため、詳細な情報を確認することが重要です。

住宅ローンを活用する

バリアフリー住宅の建設には多額の費用がかかることがありますが、住宅ローンを活用することで支払いを分割しやすくなります。

一般的な住宅ローンに加えて、低金利な住宅ローンも利用できる可能性があります。特に、「フラット35」は住宅金融支援機構と民間の銀行などが提供している住宅ローンで、一定の条件をクリアすれば低金利で借り入れることができます。

また、長期優良住宅として認定されると「フラット35 S」と呼ばれる制度を利用でき、借り入れ金利を一定の期間引き下げることができます。

プロのアドバイスを受ける

バリアフリー住宅を建てる際には、プロのアドバイスを受けることが大切です。

ハウスメーカーや建築家は、バリアフリーの要件や最新の設備に詳しい専門家であり、適切なプランを提案してくれます。自分たちのライフスタイルに合った間取りや性能を実現するために、プロの知識と経験を活用しましょう。

まとめ

バリアフリー住宅は、高齢者や身体的な制約を持つ人々にとって快適な生活環境を提供するための重要な選択肢です。車椅子での移動がスムーズであり、転倒事故を予防することができます。しかし、バリアフリー住宅の建設やリフォームには費用がかかります。費用相場はプランや仕様によって異なり、平均的な建設費用やリフォーム費用について説明しました。さらに、補助金や住宅ローンを活用し、費用を抑える方法も紹介しました。バリアフリー住宅を建てる際には、計画的なアプローチと専門家の助言が不可欠です。安心で快適な住環境を実現するために、バリアフリー住宅について検討してみましょう。

 

【掛川市】おすすめの注文住宅メーカーランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名明工建設ウイングホーム一条工務店セキスイハイム東海納得住宅工房
特徴本当の快適性を追求した注文住宅!省エネ性能は業界最高レベル創業以来こだわる「空気」で健康的な住まいを提供!サポート体制も充実モデルハウス仕様の注文住宅を実現!高性能な住まいが人気県民に選ばれ続けて20年!住む人の理想や想いに合わせた注文住宅が人気プロが土地探しも丁寧にサポート!家族の安全と健康を実現する注文住宅
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索